最も若い系外惑星「おうし座V830b」は存在しなかった?

おうし座V830はおうし座にある変光星です。この星は「Tタウリ型星」に分類される若い星で、生まれてから200万年しか経っていません。2017年、この星の周りに太陽系外惑星「おうし座V830b」が報告され、既知の系外惑星のうち最も若い部類に入ることから注目を集めました(Donati et al. 2017)。この惑星は木星の6割の質量と4.93日の周期をもつホットジュピター(高温の木星型惑星)とされています。

2017年の発見は視線速度法(※惑星の公転運動に伴い恒星の奥行き方向の速度が周期的に変動するのを検出する方法)によるもので、ハワイにあるCFHT望遠鏡と観測装置ESPaDOnSなどのデータに基づいていました。おうし座V830のような若い星は、恒星本体に由来する大きな視線速度のノイズが観測されるため、そこから惑星に由来する成分を取り出すのは至難とされます。2017年の研究では巨大黒点などにようる恒星表面の不均一性をモデル化することにより惑星に由来する振幅70 m/sの変動を検出できたとされていました。

イタリア国立宇宙物理学研究所 (INAF) に所属する M. Damasso 氏らの研究グループは、この興味深い発見を追認するために、スペイン・カナリア諸島にあるイタリア国立ガリレオ望遠鏡と観測装置「HARPS-N」を用いて2017年よりおうし座V830の観測を行ってきました。これは同望遠鏡を用いた系外惑星の包括的な観測プログラムである「GAPS」の一環でもあります。その結果はプレプリントとして2020年8月21日にarXivに投稿されました。

“最も若い系外惑星「おうし座V830b」は存在しなかった?” の続きを読む

太陽系近傍の赤色矮星に太陽系外惑星が続々と見つかる

赤色矮星とは、スペクトル型がM型に分類される恒星のことです。太陽より質量が小さく温度が低いことが特徴で、銀河に存在する恒星の大半を占めます。赤色矮星を中心とした惑星系では主恒星に近い距離を公転する惑星でも表面に液体の水が存在しうるため、近年では太陽系外惑星探しのターゲットとして高い関心を集めています。

米カーネギー研究所に所属するFabo Feng氏らの研究グループがarXivに投稿したプレプリントは、太陽の近場にある赤色矮星の周りに複数の太陽系外惑星を発見・確認したことを伝えています。惑星の検出は視線速度法に基づき、5つの望遠鏡・観測装置のデータが使用されました。

関連記事:系外惑星の観測方法#視線速度法

今回発見・確認された惑星系は11個、惑星は16個に上ります。その内訳は (1) 新たに検出した惑星が10個 (2) 新たに検出したがまだ確定的でない惑星候補が3個 (3) 既知の惑星を再確認したものが3個 としています。主星の質量は太陽の0.15倍から0.63倍、惑星の公転周期は10日から18年、惑星質量は地球の8倍から木星の1.5倍に分布します。

特に注目される惑星系としては、太陽系からわずか15光年の距離にある2つの惑星系(おうし座TZ星系とグリーゼ687系)、ハビタブルゾーン内に惑星を持つ3つの惑星系(ロス429系・GJ 2056系・HIP 107772系)があります。

Feng氏らの研究は2020年8月18日にarXivに投稿されました。著者のコメントによると研究は『アストロフィジカルジャーナル・サプリメントシリーズ』(リンク)に受理され掲載予定とのことです。

太陽系から至近距離にある2つの惑星系

おうし座TZ星系

“太陽系近傍の赤色矮星に太陽系外惑星が続々と見つかる” の続きを読む

超低温矮星の周りに巨大ガス惑星の候補が見つかる

電波望遠鏡で恒星の位置を調べる「電波アストロメトリ法」で、系外惑星候補「TVLM 513-46546 b」が発見されました。この方法で検出された惑星候補としては最初のもので、低質量の主星の周りを公転する木星型惑星(巨大ガス惑星)という点でも注目されます。

“超低温矮星の周りに巨大ガス惑星の候補が見つかる” の続きを読む

2016年に発見された惑星の主星は化学特異星だった

2016年に発見された惑星KELT-17bは、スペクトル型がA型の恒星「KELT-17」を公転するホットジュピターです。太陽と比べて質量・半径が大きく温度が高いA型星では、自転速度が速いなどの理由で惑星を観測するのが難しく、A型星を公転するKELT-17bのような惑星はわずかしか見つかっていません。

“2016年に発見された惑星の主星は化学特異星だった” の続きを読む