惑星発見ニュース TIC 237913194 b

惑星「TIC 237913194 b」は太陽に似た恒星「TIC 237913194」の周りにある太陽系外惑星です。15.17日周期で公転するこの巨大ガス惑星は、ホットジュピターと比べてやや温度が低い「ウォームジュピター」に分類されています。軌道は潰れた楕円軌道になっていますが、これは短周期の惑星としては珍しい特徴です。

“惑星発見ニュース TIC 237913194 b” の続きを読む

TRAPPIST-1系の惑星は地球に似ている?

TRAPPIST-1系の7つの惑星は、従来考えられていたより平均密度が高いことが分かりました。この密度は太陽系の地球型惑星と比べてやや低いものですが、太陽系と類似した惑星である可能性があります。

TRAPPIST-1は太陽系から39光年離れた位置にある小さな恒星です。2016年にこの星の周りに地球と同等のサイズを持つ7つの惑星が見つかり、ニュースとなりました。特に内側から4、5、6番目の惑星は、表面に液体の水が存在可能な「ハビタブルゾーン」に位置しているため大きな注目を集めています。これらは惑星が恒星の手前を横切る際に恒星の光を一時的に隠す現象(=トランジット)で発見されたものです。

関連記事:系外惑星の観測方法#トランジット法

TRAPPIST-1系は、内側の惑星と外側の惑星で軌道周期が整数比になる「軌道共鳴」の状態にあります。その影響は本来等間隔になるはずのトランジット発生間隔が変動する「トランジット時刻変動(TTV)」として表れています。TTVは惑星質量の手掛かりになり、質量とサイズが分かれば平均密度を計算できます。平均密度からは惑星の組成や構造を窺い知れます。これまでの研究(Grimm et al. 2018)では、TTVに基づくと7つの惑星は地球と比べ低めの密度を持ち、特に惑星b, d, f, gは、太陽系の地球型惑星と異なり、岩石の表面が水・氷・あるいは厚い大気で覆われていなければ密度を説明できないとされていました。

関連記事:系外惑星の観測方法#TTV法

TRAPPIST-1系の惑星の公転周期
bcde
1.5102.4224.0496.101
fgh
9.20812.3518.77

今回米ワシントン大学の Eric Agol 氏らの研究チームがarXivにプレプリントとして投稿した研究(arXiv:2010.01074)は、より長期の観測に基づいてTRAPPIST-1系を調べ直したものです。スピッツァー赤外線宇宙望遠鏡の新しいデータの他、ハッブル宇宙望遠鏡や地上の観測施設による既存のデータが分析に採り入れられました。

“TRAPPIST-1系の惑星は地球に似ている?” の続きを読む