系外惑星の奇妙な質量分布

小型の系外惑星が分布の谷間を挟んで大質量と低質量のグループ分かれることが明らかになりました。その原因は不明です。

2009年から2018年まで運用された「ケプラー」宇宙望遠鏡は小型の惑星(地球半径の4倍以下)を数多く見つけました。これらの惑星は、地球半径の1.5〜2倍を分布の「谷間」として、半径の大きいグループと小さいグループに二分されることが分かっていますいます。

英ウォーリック大学に所属する David J. Armstrong 氏らが6月27日にarXivに投稿した研究(arXiv:1906.11865)は、惑星の質量分布に、同様の谷間を発見したことを伝えています。

“系外惑星の奇妙な質量分布” の続きを読む

ホットジュピターはどれだけ珍しいのか?最新の推定

ホットジュピター(高温の木星型惑星)がどの程度の頻度で存在しているかTESSの観測データから推定されました。

ホットジュピターの存在頻度

ホットジュピターとは、軌道が小さく温度が高い木星型惑星(巨大ガス惑星)です。初期に見つかった系外惑星にはホットジュピターが多く含まれていましたが、観測が進むと珍しい惑星であることが明らかになりました。

“ホットジュピターはどれだけ珍しいのか?最新の推定” の続きを読む

惑星半径の「谷間」を機械学習で探る

機械学習を用いて惑星の半径・公転周期の関わり調べた研究で、系外惑星のサイズ分布に知られる「谷間」が改めて探られました。

「ケプラー」宇宙望遠鏡が見つけた数千個の系外惑星の中には、地球の約4倍以下のサイズを持つ惑星が多く含まれています。これらの惑星には、地球半径の1.5~2.0倍で存在頻度が少なくなる「谷間」があり、ここを境に半径の大きいグループ(サブネプチューン)と小さいグループ(スーパーアース)に分かれています。

この二峰分布は惑星の組成を反映していると見られ、小さい側は地球のような固体の惑星、大きい側は固体コアを水素・ヘリウムが取り巻いた惑星と考えられています。

“惑星半径の「谷間」を機械学習で探る” の続きを読む

小さい赤色矮星ほど惑星の存在頻度が高くなる?

赤色矮星の中でも温度が低く小さいものほど短周期(10日以下)の惑星が多く存在することが示されました。

赤色矮星

2009年から2013年に行われた「ケプラー」宇宙望遠鏡の主要ミッションは太陽に似た恒星を主なターゲットとしていましたが、太陽より小さい「赤色矮星」もターゲットの約2.5%を占めていました。

“小さい赤色矮星ほど惑星の存在頻度が高くなる?” の続きを読む

生命の星はありふれたものか?

太陽型の恒星1個当たりに存在するハビタブル惑星(生命が存在可能な惑星)の個数が「ケプラー」宇宙望遠鏡のデータに基づいて新たに調べられました。その値とは…

ケプラーの主要ミッション(2009〜2013年)は、地球のようなハビタブル惑星の存在頻度を調べることが目的の一つでした。今回米カリフォルニア大学に所属する Jon K. Zink 氏らがarXivに投稿した研究(arXiv:1905.01032)は、それについて最新の値を求めたものです。

“生命の星はありふれたものか?” の続きを読む

直接撮像法が解き明かす褐色矮星と巨大ガス惑星の分布

系外惑星や褐色矮星を直接撮像法で調べているサーベイ(掃天観測)の途中経過が公表されました。この研究では、300個の恒星を観測した結果に基づき、大きな軌道を持つ巨大ガス惑星(木星型惑星)の存在頻度や分布の傾向を統計的に調べています。

“直接撮像法が解き明かす褐色矮星と巨大ガス惑星の分布” の続きを読む

ケプラーの観測データから明らかになった長周期惑星の実態

「ケプラー」宇宙望遠鏡の主要ミッションに基づいた研究で、地球の4倍以上のサイズをもつ長周期惑星(2~20年)は恒星1つあたり平均0.4個存在し、海王星サイズの惑星は木星サイズの惑星と同等以上に多いことが示されました。

“ケプラーの観測データから明らかになった長周期惑星の実態” の続きを読む