惑星の英語名と由来一覧

惑星の英語名と、その由来となったローマ神話の神(=羅)、同一視されるギリシャ神話の神(=希)を示します。

ギリシャ・ローマ神話における神の属性と、関連付けられた理由についても簡単に書いています。

各カタカナ表記は一例を示します。

水星 – マーキュリー(Mercury)

  • 羅)メルクリウス
  • 希)ヘルメス
  • 伝令の神・多才な青年の神
  • 素早く位置を変え掴みどころがない

金星 – ビーナス(Venus)

  • 羅)ウェヌス
  • 希)アプロディテ
  • 美の女神
  • 太陽と月に次いで明るく人目を引く

火星 – マーズ(Mars)

  • 羅)マルス
  • 希)アレス
  • 軍事・戦争の神
  • 赤色が血を連想

木星 – ジュピター(Jupiter)

  • 羅)ユピテル
  • 希)ゼウス
  • 神々の主
  • 一年の大半に明るく見え威厳がある

土星 – サターン(Saturn)

  • 羅)サトゥルヌス
  • 希)クロノス
  • 農耕の神・没落した先代の主
  • 一年の大半に見えるが木星より目立たない

天王星 – ウラヌス(Uranus)

  • 羅)ウラヌス
  • 希)ウラノス
  • 天空の神・没落した先々代の主
  • 木星や土星よりさらに暗い

海王星 – ネプチューン(Neptune)

  • 羅)ネプトゥヌス
  • 希)ポセイドン
  • 海の神
  • 深い青色と世界を囲む海のイメージから

「惑星の英語名と由来一覧」への2件のフィードバック

  1. コメントありがとうございます。
    天王星ですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。