ボリソフ彗星の故郷は「クリューゲル60」系か?

2019年8月30日に発見された「ボリソフ彗星」(C/2019 Q4 または 2I/Borisov)は、太陽系外から飛来した恒星間天体としてオウムアムアに続く2例目の天体です。この彗星は2019年12月に太陽に最接近した後、太陽系から飛び去ると見られています。

ポーランドのミツキェビッチ大学に所属する Piotr A. Dybczynski 氏らの研究グループがarXivに投稿した研究(arXiv:1909.10952)は、重力多体シミュレーションを用いてボリソフ彗星の軌道を遡り、その故郷を調べたものです。

“ボリソフ彗星の故郷は「クリューゲル60」系か?” の続きを読む