ボリソフ彗星の故郷は「クリューゲル60」系か?

2019年8月30日に発見された「ボリソフ彗星」(C/2019 Q4 または 2I/Borisov)は、太陽系外から飛来した恒星間天体としてオウムアムアに続く2例目の天体です。この彗星は2019年12月に太陽に最接近した後、太陽系から飛び去ると見られています。

ポーランドのミツキェビッチ大学に所属する Piotr A. Dybczynski 氏らの研究グループがarXivに投稿した研究(arXiv:1909.10952)は、重力多体シミュレーションを用いてボリソフ彗星の軌道を遡り、その故郷を調べたものです。

“ボリソフ彗星の故郷は「クリューゲル60」系か?” の続きを読む

異例の星で彗星の痕跡を検出か

若い高温の恒星の中には、蒸発す彗星によって周囲にガス生じているものがあります。新しい研究では、同様の現象がより温度が低く年老いた星でも起きている可能性を報告しています。

“異例の星で彗星の痕跡を検出か” の続きを読む

オウムアムアは彗星の残骸?

2017年に発見された「オウムアムア」は、観測史上最初の太陽系外に起源を持つ小天体です。この天体は、異常に細長い形状や、彗星のようなガスの放出が無いにもかかわらず非重力的な加速が観測されるなどの、風変わりな特徴が見つかっています。

この度、オウムアムアは彗星が分解した際に発生したダストが集合したものと考えれば、これらの特徴を説明できるという研究が公表されました。

もっと読む