TESSが蒸発する微惑星を観測

恒星「HD 240779」の周りで蒸発しつつある小天体が、TESSの観測で見つかりました。この恒星は誕生後1.25億年が経過した若い星で、地球型惑星形成の最終段階にあると見られます。

惑星のトランジットと塵の塊のトランジットの違い。

ハワイ大学マノア校に所属する E. Gaidos 氏らの研究チームが7月4日にarXivに投稿した研究(arXiv:1907.02476)は、系外惑星観測衛星「TESS」の観測データを用いて変光星「HD 240779」を研究したものです。

太陽系から310光年の距離にある「HD 240779」は、太陽とほとんど同じ質量・温度をもつ恒星ですが、形成から1億2500万年しか経過していません。また連星系に属するという点でも太陽と異なります。伴星のBD+10714Bは現在数百天文単位(地球と太陽の距離の数百倍)離れた位置にあります。

“TESSが蒸発する微惑星を観測” の続きを読む

オウムアムアの異常な形は微惑星が衝突した結果?

微惑星の衝突とその結果

恒星間天体「オウムアムア」は、自転にともなって著しく光度を変えることから、異常に細長い形をしていると見られています。

シミュレーションを用いた研究で、微惑星同士が低速で衝突合体した際にこのような天体が生じることが示されました。

“オウムアムアの異常な形は微惑星が衝突した結果?” の続きを読む

塵はいつ山になるのか、山はいつ塵になるのか

惑星の材料である微惑星は、ガスとダストが混在する環境で作られます。その成長には、ダスト分布の濃淡が時間と共に拡大することが重要と考えられています。

今回公表された研究は、これを検証するため、薄いガスの中に置かれたダストの振る舞いを調べたものです。その結果、ダスト粒子の振る舞い方が、全体のダスト/ガス比から大きな影響を受けて変化することが確認されました。

“塵はいつ山になるのか、山はいつ塵になるのか” の続きを読む