赤色矮星の惑星は必ずしも潮汐固定されているとは限らない

赤色矮星の周りにある居住可能惑星は、主恒星に同じ半球を向け続ける「潮汐固定」の状態にあるとされています。新しい研究では、条件によって惑星は容易に潮汐固定でない状態になりうることが示されました。

潮汐固定された真円軌道と楕円軌道の惑星に働く潮汐力

太陽系にある衛星の多くは、自転と公転周期が一致し、常に同じ半球を惑星に向けています。「潮汐固定」と呼ばれるこの状態は、惑星から衛星に働く「潮汐力」が原因です。

※天体の重力源に近い部位と遠い部位とでは、重力源までの距離が異なるため、異なる大きさの重力で重力源に引き寄せられます。この重力の差を天体を引き延ばす方向に働く見かけの力として表したのが潮汐力です。

系外惑星のうち主恒星に近い軌道を公転しているものも同様に潮汐固定の状態にあると信じられています。特に赤色矮星(=低温の小さい恒星)の周りにある居住可能惑星(=生命の生息可能な惑星)は、主星の光度の小ささを反映して主星に近い軌道にあるため、潮汐力が惑星に大きな影響を及ぼします。

“赤色矮星の惑星は必ずしも潮汐固定されているとは限らない” の続きを読む

ラグビーボール型超短周期惑星

歪んた惑星
歪んた惑星

公転周期0.177日の太陽系外惑星「KOI-1843.03」は、現時点で公転周期のレコードホルダーです。

この星を数値モデルにより調べた研究で、惑星質量の半分以上は金属質のコアで占められており、形状もラグビーボール型に変形していることが明らかになりました。

“ラグビーボール型超短周期惑星” の続きを読む