金星のホスフィン濃度は生命の痕跡として妥当な量なのか?

先日(2020年9月14日)、金星の高度50キロメートルの雲層にホスフィン (PH3) が検知されたとする研究が公表されました。これは金星に生命(微生物)が今なお存在している痕跡かもしれない一方、未知の非生物的なプロセスが原因となっている可能性もあります。

関連記事:金星に生命が存在するかもしれない証拠が見つかった

この研究で報告されたホスフィンの濃度は20 ppb(1ppb = 10億分の1)でした。これは生物由来の濃度として妥当なものなのでしょうか?仮にこの濃度を再現するために必要な生物の量のが非現実的な物であれば、生物が関わっているという見方を否定する証拠となります。フロリダ工科大のManasvi Lingam氏とハーバード大のAbraham Loeb氏は、この疑問に答える研究を行い、9月16日にarXivにプレプリントとして投稿しました( arXiv:2009.07835)。

“金星のホスフィン濃度は生命の痕跡として妥当な量なのか?” の続きを読む

金星に生命が存在するかもしれない証拠が見つかった

金星に生命が存在するかもしれない証拠が発見されたというニュースがありました(2020年9月15日)。

何が見つかったのか?

金星の画像

今回生命が存在する “かもしれない” 証拠とされているのは、金星の大気中に「ホスフィン」と呼ばれる物質が見つかったことです。「Phosphine gas in the cloud decks of Venus」と題されたこの研究は カーディフ大学のジェーン・グリーブズ教授らのグループが発表したもので学術誌『ネイチャー・アストロノミー』で公開されています。

ホスフィンとは、リン原子に3つの水素原子が結合した化合物です。化学式はPH3で表されます。地球上の常温常圧では気体として存在し、極めて高い反応性と、人体に対する強い毒性を持ちます。

なぜホスフィンなのか?

地球上のホスフィンは、人類が工業的に生産するものを除けば、ほぼ全て生物の活動に伴って生成されています。言い換えればホスフィンは生物の関与なしではほとんど作られません。ホスフィンは生成量が少ない上にあまりにも簡単に分解されるため、地球大気のホスフィン濃度は平均すると1 ppt = 1兆分の1 しかありません。

“金星に生命が存在するかもしれない証拠が見つかった” の続きを読む

変化に富んだ金星中層雲・探査機あかつきの観測成果

金星探査機「あかつき」の赤外線カメラと地上の小型望遠鏡で、金星の中層雲を調べた成果が報告されました。あかつきの1年間の観測で中層雲は上層雲と比べて変化に富んでいることが明らかになりました。

“変化に富んだ金星中層雲・探査機あかつきの観測成果” の続きを読む